肝臓の症状

肝臓病のほとんどは自覚症状がない!?

肝臓は胃など他の臓器と違い、痛みや違和感といった自覚症状が現れにくいという特徴があります。そのため当クリニックにお越しになる方は、「健康診断で引っかかったから詳しく診て欲しい」という方がほとんどです。ウイルス性の疾患の場合は必ず治療が必要ですが、脂肪性の疾患の場合でも、放置しておくと脂肪肝、肝硬変、肝臓がんと、どんどん病気が進行していってしまうので、できるだけ早く正確な診断をして、治療を始めるようにしましょう。

肝炎ってなに?

肝炎とは、ウイルスや脂肪の付着、自己免疫の異常などが原因で、肝臓に炎症が起こり、肝細胞が壊れてしまう病気です。日本では、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスによる「ウイルス性肝炎」がその多くを占めています。

肝炎ウイルスには、A型・B型・C型・D型・E型などがあります。A型・E型肝炎ウイルスは主に水や食べ物を介して感染し、B型・C型・D型肝炎ウイルスは主に血液・体液を介して感染します。これらのウイルスは主に肝臓に感染し、炎症を引き起こします。それがウイルス性肝炎です。

A型・E型肝炎ウイルスとは

【A型肝炎ウイルス】

主に水や食べ物を介して感染します。以前は感染者が多かったのですが、衛生状態が改善されたことによって、感染者は減少傾向にあります。しかし、感染者の減少に伴って抗体を持っている方の割合も減少しています。特に若い人の抗体保持者が非常に少ないため、衛生状態の悪い海外で感染するケースも少なくありません。慢性化することは、ほぼありません。A型肝炎ウイルスにはワクチンがあるため、ワクチン接種により予防することができます。

 

【E型肝炎ウイルス】

A型肝炎ウイルス同様に、主に水や食べ物を介して感染することが多いです。近年、日本では食用の肉(豚・イノシシ・シカなど)で加熱調理が不十分な場合にE型肝炎ウイルスに感染した例が報告されています。症状が慢性化することはありませんが、特に妊婦さんが感染した際、危険な経過をとるケースもあります。

B型・C型肝炎ウイルスとは

【B型肝炎ウイルス】

主に血液や体液から感染するケースが多いです。以前は、母子間を介して感染することが多く見受けられましたが、日本では「B型肝炎の母親」が出産した子供にワクチン接種を実施しそれ以降、母子感染が減少しました。また、現在は徹底した感染対策が取られているため、輸血などの医療行為によって感染することはほぼ無くなってきました。しかし、健康的な成人が感染した場合、慢性化になりやすい欧米型のB型肝炎が増加傾向にあります。性的接触によって増えるケースが多いですが、ワクチン接種による予防が可能です。

詳しくはこちらへ

 

【C型肝炎ウイルス】

B型肝炎ウイルス同様、血液を介して感染します。以前は輸血による感染が大きな問題となっていましたが、高感度なC型肝炎ウイルス抗体検査が導入され、輸血による感染は激減しました。
性的接触による感染はB型程多くはありませんが、覚せい剤などの注射器の使いまわし、入れ墨などの針の使いまわし、ピアスなど不衛生な処置によって感染が見受けられます。

C型肝炎は、抗ウイルス薬の進歩が目覚ましく、ほとんどの患者さまは内服治療によりウイルスは消失する時代になっています。

詳しくはこちらへ

C型慢性肝炎の新薬認可

H26年9月3日より従来のインターフェロンを使用しない、経口剤による治療が認可されました。前治療が無効だった方、インターフェロン治療が受けられなかった方もインターフェロン治療の時にみられた副作用はほとんどありません。最初に認可された内服薬は、24週間の治療で8割以上の効果が期待できる新薬で、当院でも40名以上の方で治療を行い、9割以上の効果がありました。

治療の進歩が目覚ましく、更に新しい内服薬は12週間の治療で9割以上の効果が期待できます。高価な薬ですので、国と県の助成制度を受けて行っており、患者様の負担は少なくて済みます。現在では更に新しい抗ウイルス剤の内服治療も開発されており、現時点で100%近い効果も期待できます。

周囲への感染を予防するために

他人の歯ブラシやカミソリは共有しない。
献血を控える。
感染した人の血液や分泌物がついたものを、他の人が触れないように注意する。
性的接触時にはコンドームを着用する。

B型・C型肝炎ウイルスは、体内で主に肝臓と血液中に存在します。自分の体の中に、感染している人の血液が入ってしまった場合、感染する危険性が出てきます。しかし、日々生活するうえで注意を払っていれば、感染する可能性を抑えることが出来ます。B型肝炎についてはワクチンもありますので、予防接種を心がけましょう。

脂肪肝・脂肪肝炎について

こんな方は要注意です!

ついつい夜遅くまで暴飲暴食をしてしまう。
飲みすぎてしまうことが多い。
最近、運動不足だなと感じる。
歳を重ねるにつれ太りやすくなってきた。
絶えず、食べ物を口に入れる。

肝臓に関する病気の中でも、最も多く見られるのが脂肪肝です。脂肪肝は、肝臓の細胞に中性脂肪が沈着する病態で、脂肪肝に炎症が加わり細胞が変性し、線維化してしまった状態を脂肪肝炎と言います。脂肪肝炎になると炎症が進行し、やがて肝硬変になり、場合によっては肝臓がんにまでなってしまうこともあります。

原因は脂肪の摂り過ぎの他、糖尿病や過剰なアルコール摂取などが多く、稀に薬剤によって発病することもあります。自覚症状はほとんどありませんが、倦怠感、お腹の張り、右脇腹が痛みなどを感じることはあります。

検査・治療方法

画像検査では、超音波検査で、肝腫大、エコー輝度の亢進と深部エコーの減衰、肝臓と腎臓のコントラスト等で診断できます。
当然ながら、CT、MRIでも診断できますが、超音波検査で簡便に診断できます。お気軽にご相談下さい。

治療の原則は原因の排除です。肥満、糖尿病に伴う脂肪肝では、食事療法、運動療法、血糖コントロールが基本になります。
食事が不規則・変則的、夜食・間食の摂取、入眠前2時間以内の高カロリーの食事、あまり咀嚼をせずに大量摂取する等の習慣を止め、規則正しい食生活が必要です。

三大栄養素の摂取比率は、糖質:たんぱく質:脂質=5:3:2とします。また、1日の摂取カロリーは、標準体重×25~35kcal(家事・軽労働25kcal、肉体労働30kcal、 重労働35kcal)が望ましいと思われます。
運動療法は急に運動をしないで、たとえば歩行から開始して、徐々に運動量を上げていきます。3日毎に500歩ずつ負荷を増やしていき、 10,000歩可能になれば20分のジョギングにしてみる。心拍を見ながら更に時間を長くしていければよいと思います。

脂肪性肝炎になってしまってからでは、進行性の病気なので肝硬変、肝癌の合併が心配になります。まだ脂肪肝のうちに肥満を改善し、 糖尿病の治療等を行い脂肪肝を改善させることが大切です。

肝臓の専門家にお任せ下さい

LCクリニック仙台では、大学病院の肝臓グループやがんセンターで肝臓疾患を治療してきた経験を持つ医師が診療を行っております。そのため、適切な診断を行い、肝臓に関すあらゆる病気の治療をご提案することが可能です。健康診断などで肝臓の異常を指摘された方、コレステロールや中性脂肪が多い方(脂質異常症)の方は、ぜひ当クリニックへご相談ください。

肝臓の診察を受けたい時、どこに行けばいいのかわからないという方が多いようです。紹介状なしで大きな病院にかかると、初診時に最低でも5,000円、場合によっては1万円近くの定額負担が加算されます(この金額は2016年4月以降)。

当クリニックは地域のかかりつけ医でありながら、専門性の高い肝臓の診療をご提供しておりますので、まずはお気軽にお越しいただければと思います。※健診センターからも、多くの患者さまをご紹介いただいております。

腹部エコー検査について

当院が行っている腹部エコー検査とは、高周波数の音波を腹部に当てることで臓器を調べる検査を言います。肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓などを詳しく検査することが可能です。

また、機械を用いた検査となると被曝を気にされる患者さまも多いですが、エコー検査の良いところは、X線・CTとは違って、被曝がありません。安全に検査を進められることはもちろん、検査に要する時間も短いので大変お勧めです。短時間検査できる上に、得られる情報も非常に多いです。健診はもちろん、より精密な検査も実施できますので是非、ご利用下さい。

検査で判断できる病気

各臓器(肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓など)の腫瘍性の病気が判断出来ます。
また、脂肪肝や胆嚢ポリープ、胆石・腎のう胞・腎結石・尿管結石なども発見出来るため早めに検査を行って下さい。
甲状腺・乳腺等の検査も行っておりますので、まずはお気がるにご相談下さい。

検査方法と所要時間について

まず初めに、腹部全体に検査専用のゼリーを塗ります。そして、実際に腹部に機械を当てて観察を開始します。
検査している間は、技師の指示に合わせて、「大きくゆっくり息を吸う・止める・吐く」などの動作を繰り返します。検査目安としては10分程を想定しております。検査中に身体に痛みを感じたり、体調が悪くなった場合は、遠慮せずスタッフにお声がけ下さい。

  • お問い合わせ CONTACT
  • LCクリニック仙台ブログ BLOG
  • facebook